アラカンのライフワーク

60代突入しました!人生は楽しく!面白く!スローライフで自然を相手に趣味と実益?を兼ねて、、、『感謝』と『ウフッ!』を求めて、、、

まだ水が高い!

     小屋に着いたら、午前の部は終わっていた。
     オトリを持って様子見!
IMGP7118.jpg
ほんの少しアカが付いたか!
いや、まだ石は白い!多少は良くなっているだろうが!

今日は避暑と割り切って、(本当はそうでもないが!)ご漁場に入る!
川への折り口はクモの糸が邪魔をする。
諸説あるらしいが、クモの巣を作るのに3~8時間掛かると聞いている。
ということは午前中は誰も入っていないかも?
IMGP7119.jpg
瀬肩を見るが、石はまだまだ!

その前に大変なことが起こった。
小屋について着替えて、ベストを着ようとしたら、   無い!
小屋の中も車の中も、   無い!
『そんなはずは、、、』もう一度引っ掻き回したが、  無いものは無い!
前回、釣りから帰ったときに仕掛けを補充しようとして、ベストを部屋に持っていったのを思い出した。

鮎釣りは竿、タモ、仕掛け、オトリのどれか1つ欠けたら気持ちの良い釣りは成立しない!
ベストが無いということは、よろいを着けないで関が原へ戦いに行くようなものだ!

車の天井を探す。
交換済みのイカリ針が5個天井に引っ掛けてあった。、ハリスは折れ曲がっている。
ぐしゃぐしゃになったハナカン回りが1個、(ノーマル)
天上糸の1号が一巻き!これはダッシュボードから、、、
問題は水中糸だな!

ここで川の様子を見に行った。
知り合いは誰もいないようだ。
誰かいたら、水中糸を借りようかと、、、
(すでに1号通しでという気持ちになっていた!)

竿の長さに合わせて、1号の糸をハナカン仕掛けに結節。
丈夫そう!
目印はビニールの切れっぱし!
IMGP7124.jpg
『行け~ッ』
1分もしないうちに大石の前で、キラリ!
オトリを変えて、目的場所まで誘導させる途中で、キラリ!
予想外の場所です。
うれしいけど、喜びはいまいち!
またオトリを変えて、目的場所へ誘導。
その場所に着くや否や、目印が1mほど斜め前に、、、
そう、掛かると思われるところで掛かる!
これがいい!
ここまで10分と経っていない!
そこからが長かったが、あちらこちらでポツポツと!

*常に背バリを打つのだが、背バリが無い!
囮交換で一工程抜けているようで、何か変!*

その間に根掛かりも!
1号通しなので引っ張れば取れるが、イカリ針はロスするだろう!
そしてハナカン回りは1個しかない!(ハナカン回りの上で切れたら、、、終わりだ!)
ポイントを荒らしてでも引き取りに行った。
鮎はまだ少し白っぽい?
さすがに背掛かりの鮎は黄色い!元気もいい!
あっという間の5時間だった。
水が冷たくなってきた。
帰らなければ、、、

途中先輩の家によって、鮎を置いてきた。
IMGP7125.jpg
14匹!だったと思うが、、、


小屋のキュウリのうち1本が支柱の枝に登っていた。
IMGP7117.jpg
収穫!
四六時中ラジオをつけているので、サルがまだ来ないかも!
イノシシはすぐそばまで耕しに来ている。


さて、コンデジだが、、、
P7300009.jpg
1ヶ月くらい前だったか、、、踏んじゃった!
液晶部分にヒビが入ってしまった。
見積もりしたら17000円!だったかなあ?
恐る恐るベストのポケットに入れて、今日まで!

安心を買い換えた。
IMGP7127.jpg
100Kgまでは耐えるらしいが、衝撃の度合いにもよるだろう。
写真の綺麗さはあまりよくないという評判であるが、そこは無頓着である。
ヘビを撮って、カエルに見えなければ良い!
防水が一番条件!
次回からデビュー予定である。

もう7月末です。

高原川へのお誘いが新しい携帯にもう5回も!
何とか都合をつけて、遠征したいなあ!

本当は、、、実現する予定なんだけどね!

「ウフッ!」








スポンサーサイト
別窓 | | コメント:16 | トラックバック:0
∧top | under∨

釣れん!

     やっと水が引き始めたと思ったら、またもや大雨!
     『来るな!来るな!』と川が呼んでいる?

     チャラ瀬が、、、
IMGP7109.jpg
水が引いてないじゃん!
チビオトリではすぐに流される。
無理に引っ張れば水上スキー!
先日の水位よりも高い!

梅雨が開けると雨が降る。
気象庁に責任は無いことになっている。らしい。
(でも給料はちゃんともらえるらしい!)
じゃあ梅雨入りも梅雨明けも発表しなくていいのではないか?
『晴れ時々曇り、所によっては雨!でしょう。』
毎日これを繰り返していれば、必ず的中する!
いくらか(いくらかである!)予報料を払ってでももう少し正確な情報が欲しいものである。

そんなことは関係無しに釣り人は川へ、、、
IMGP7111.jpg
流芯が手前に来ていた。
向こうの壁よりだったのに、、、
よく見れば白い石が並んでいる。
向こう岸へ渡りたいが、泳がなければ渡れない。
限りなく無謀に近い勇気が必要だ!
頭の辞書から、『勇気』の文字を削除!

ダメだこりゃ!と思いつつも竿を出す。
手前をネチャネチャの粘っこさで、、、
3時間でチビが1匹!

場所をご漁場に変えた。
私のポイントを2人で荒らしまくっていた。
が、このポイントはど素人みたい。
30分くらいで岡に上がっていった。

さてと、、、
IMGP7112.jpg
ここのほうが濁りはきついし、普段よりも30センチ高い。
10センチくらい高いと面白いようにつれる。時もあるが、、、

ここもきれいに磨かれた白い石が並んでいる。
アカがつくのに4~5日かかるだろう。
水温も低い!
石のすぐ後ろを凝視して、鮎が見えたらそこにオトリを誘導!
IMGP7113.jpg
押しが強い。オトリが下がり気味。
引っ張ったら負け!
野鮎も『こんな場所はくれてやる!』といわんばかりで、追ってこない!

腰まで浸かっていると、体への抵抗がすごいです。
左足を中心にして踏ん張る。
5時だ!
IMGP7115.jpg
影が伸びてきている。
終了。
IMGP7116.jpg
5日前のオトリは背中に無残な背バリの傷が、、、
鼻がなくなりかけている。
逆バリを打つ場所は骨が見えていた。
良いのを3匹残して、無罪放免!
これを掛けた釣り人はがっかりするだろうなあ!
こんなことしたのは生まれて初めて!
5匹!
1時間に1匹釣ってない。
寒いし、疲れた。

今朝 足が、踵が痛くなっていた。
踏ん張ったほうの足!

厄介だねえ。




別窓 | | コメント:23 | トラックバック:0
∧top | under∨

ライブカメラ

     ライブカメラ
     昨日のHRは泥にごりに近かった!
     今朝6時に見ると、釣り人の車が1台映っていた。
     そわそわ、、、
     データからいくと濁りはそれほどでもないが、水量が多すぎる!
     でも、出かけちゃったんです。

     オトリ屋さんに聞けば、昨日も3~4人入っていたとか!
     休みだったからなあ!

IMGP7098.jpg
迷わず堰堤へ!
手前は先日は岡だった!
深くても底流れが強いのか、オトリが前に進みません。
掛かりません。
砂地から石が見えてきた。
あんな石はなかったのに、、、

下る!
IMGP7102.jpg
手前をちょろちょろと泳がせて見た。
掛からないのでオトリを引き上げようと少し持ち上げたら、、、
IMGP7101.jpg
痩せてますねえ。
チビですねえ。
群れかも、、、
4時間で3匹!
場所を変えようとして、引き舟を、、、
3mくらい下流でゆらゆらしてます。
『ちょっと遠くねえ?』
あわてて、ベルトのロープを確認したら、ちゃんと付いてます。
あわてて、ザブンと飛び込むようにして回収!
IMGP7108.jpg
持ち手のハンドルが半分無い!見当をつけて探したけれど、、、
当然見つかりませんでした。
帰りに釣具屋さんで発注!
2ヶ月くらい掛かるよ!って言われた。
でも頼んできた。

引き舟を予備のものに変えて、場所も変えて、、、、
IMGP7105.jpg
岸際の石も真っ白です。
掛かりません。
IMGP7107.jpg
橋の下までやって、終了!
一番流れが強くて深い所で根掛かり!
それで、、、やめました。
計、、、2匹!
やはりまだ無理のようです。

前回腰まで浸かって釣りをしたときに、携帯を水没!
なんと防水携帯を水没させたんです。
IMGP7084.jpg
電源は入りますが、画面がブルーのみ!
心もブルー!
翌日携帯屋に行って、相談したら、新しいのを只でくれました。
2008年からだから、7年以上使っているので交換できます。だって!
やったね!
しかも2年縛りもなし!
だが、画面が映らないのでデータが取れないそうです。
で、IMGP7085.jpg
左が新種!もちろん防水!
IMGP7087.jpg
たたむとこんな感じです。
データが、、、バックアップをしていないから大変でした。
皆様ご協力ありがとうございました。

希望の灯火がつきました。
IMGP7092.jpg
締め切った部屋でクーラーをつけて、涼しく一服!
その時にろうそくをつけると、あのいやな(私は何とも思いませんが!)タバコの臭いが軽減されるとか!
そこまでして吸いたいか!?って!
『吸いたい』
体も衰退!

さあ次はカメラだぁ!

別窓 | | コメント:20 | トラックバック:0
∧top | under∨

台風前に急ぎ働き!

        大きくて強い台風がゆっくりと日本めがけてやって来る。
     で、 今日明日は雨!4日くらいは竿を出せなくなるかも?
      で、 忙しくなるとわかっていても川へ!
       で、 もちろん鮎釣り!

     10時に囮屋さんに到着。
     オトリは買わないです。
     生簀にかくまってもらっている!
     多分4日くらいできないから、オトリを新しいのに変えておかなければ、、、

     足を怪我してあと1週間くらい川に入れないお客さんと挨拶!
     何処に入ろうか?迷っている振りをすると、『放水口はどうかな』って!
     オトリを積んで放水口に向かった。
     下流に4~5人いるが、放水口はOK!
IMGP7073.jpg
上まで水際を登る。が、脇でも流れが強い。
葦の中を歩くのは気持ち悪い!

1歩前へ、、、上げた足が流れで元の位置に戻ってくるような、、、
足が太すぎ?日焼けはしてるけど、、、
『大根足だね?』、、、まあ、そんなに白い!
『じゃあゴボウだ!』、、、まあ、そんなに細い!

放水口から釣り下る。
IMGP7072.jpg
川を横切らなければならなかったが、流れがきつすぎます。
引き舟を手に持って、ほんの少しづつ川を渡る。
たかだか5mの幅しかないが、何度も引き返そうかと思った。
だが、渡らないとポイントがなくなる。
やっとのことで渡りきった。
休憩!
次回は7mでいいな!なんて思いながらオトリが入りそうなところを探っていく。
泳がせと違って、真剣に釣らないとオトリが安定しない。
まあまあの鮎が竿を絞ってくれるが、半分は口掛かり!
わけもわからずに下流に下がっていく!
IMGP7074.jpg
最終的にはまた川を渡らなければならない。
つわものなら、『何だこれくらいの流れで!』と言われそうだが、私にとっては激流に近い!
2時間ほどで急流?を釣り終えて、恐る恐る川を横切った。
休憩!
IMGP7075.jpg
あの流れの向こう側からこちら側へ!
大変なことをやってのけた。

下流から竿をたたんだ釣り人が上がってきた。
IMGP7076.jpg
白泡の消えるあたりからいい鮎が3匹出た!と、、、
おにぎりも食べつくしたので、その場所を攻めてみた。
腰以上に入らないと、流れの芯に届かない。
暑い日で良かった!
ゆっくりとオトリを引き上げていくと、掛かる!
IMGP7071.jpg
元気が良すぎて、ハナカンをつけてから写真を!
雑な仕掛けを笑われなければいいのだが、、、
ここで7~8匹!
鮎が小さくなって、下へ、、、
IMGP7077.jpg
(休憩中に撮影)
映っている釣り人はしばらくして竿をたたんだ!
同じ釣り座から泳がせる。
少し小ぶりだが、掛かる。
橋の下はそれぞれの流れに釣り人がいた。
3時に終了。
岐阜から逆方向の歯医者に行かなければならないから、、、
一番暑い時に岡に上がった!
『暑い!』
家に帰る途中で車を洗った。前回の雨以来の洗車である。
IMGP7078.jpg
台風は明日以降なんだけど?

歯医者は間に合った。
帰りは、、、
IMGP7082.jpg
ちょっと怖いような夕焼け!

冷凍にする前に撮影。
IMGP7080.jpg
2匹はその場で焼いて、母親のおやつ?
27匹!
「ウフッ!」

桃を少し収穫!
IMGP7068.jpg
摘果していないので玉は小さめ!
高いところほどものが良い!
IMGP7070.jpg
毎年0~10個ほどしか取れないが、今年は異常です。
虫食いは自然に落ちます。
食べられるところを水羊羹の中に入れてみた。(写真はまだない!)

用水路のマイガーデンでキュウリを収穫!
IMGP7061.jpg
日が当たりすぎると皮がこわくなる!
スウヨウキュウリはほとんどがうどん粉病にやられた!
来年の課題ができた。

IMGP7065.jpg
初回、13本!だよな?

台風がうまく川を洗ってくれればいいのだが、、、


別窓 | | コメント:22 | トラックバック:0
∧top | under∨

# 関西弁?

     2020年のオリンピックの会場問題で大騒ぎになっているらしい!
     屋根がどうのこうの、、、屋根なんていらない!
     建設費がどうのこうの、、、競技場の建物なんていらない!
     スタンドが、、、!、、、ブルーシートでええんでねえの?
     『ばっかじゃないの!』
     机上の空論者たちよ!もっと汗を流せ!
     関係者よ!銭がなきゃ自腹を切れるだけ切ってから、考えてみ~~!
     私は多分行かないから、、、私の税金は使うな!

     な~んてアホなことは鮎釣りしているときは、考えたこともない!

     7/11

前日までのブログを更新してから、準備して山小屋へ、、、
川に着いたら、さすがに土曜日!
中古車展示会?
友人が数えたんだって、56台!
川は釣り人だらけです。あぶれた釣り人が釣れないポイントにも入っています。

関西から Sumireパパさんと辰さん、そして遥さんも来てくれるというので、簡単に準備して2~3時間竿を出そうかな?
なんて考えてましたけど、入れません。
暑いです。
IMGP7030.jpg
2時頃到着するというので、ベランダ?でゆっくりします。
しかし、、、暑い!

到着!

早速何かを作業してます。
IMGP7031.jpg
破竹を適当に切って洗って、、、
IMGP7032.jpg
材料の一部?
IMGP7037.jpg
久しぶりの「こしあん」、、、楽しみ~

工程写真を少し端折って、、、
IMGP7040.jpg
完成!
『水羊羹』

7時を回って、ゆっくりと宴会です。
とりあえず京都弁、大阪弁(合わせて関西弁?)、そして岐阜弁(標準語)で、、、
IMGP7043.jpg
先ず炭を起こして、

その間に前菜??
IMGP7044.jpg
京都の高い豆腐に冥加を刻んで、、、
『旨い!』

小出しに、、、いろいろ!
IMGP7041.jpg
奥から、『名前が出てこない!』
次は『ニシンの、、、ナンだっけ?』
手前は『枝豆』右は『キムチ』これらはわかります。

次は、塩抜きの小鮎の塩焼き!?
IMGP7046.jpg
滋賀県知内産です。
二人で小屋に来るまでにちょいと竿を出してきたそうです。
塩を抜いたのは柚子コショウ酢を掛けて食べるためです。
『美味しい!』

当初は坂内で友釣りの予定でしたが、結果的にこうなりました。

そして、遥さんが仕事が終わって駆けつけてくれました。
たくさんのお寿司を持って、、、
写真を撮るまもなく口の中へ、、、
昭和20年代の若者は、先ず腹を満たさなければいけなかった時代に育ちました。
楽しいおしゃべりと、ご馳走と、、、、すぐに就寝時間になり、「おやすみ~」

年代順に目が覚めて、私が一番あと!
遥さんはもう出勤されたあとでした。
遠いところへ呼び立てて、、、来てくれてありがとう!
7/12

朝食代わり?
IMGP7048.jpg
蟹とスイカは食べるのが苦手です。
どちらも高いので手が出ませんが、、、

坂内川の鮎釣り場を案内して、関西の二人は帰られました。
IMGP7050.jpg
よく来てくれました。
ありがとうございました。
これに懲りずにまた、、、

1時間くらい孤独を楽しんだ後、おもむろに着替えて、、、
IMGP7052.jpg
山小屋の下の私のご漁場に入りました。
この川でここが一番落ち着きます。
完璧な「ウフッ」状態になります。
鮎が掛かる場所はほとんどわかります。

昨日3人入ってましたが、、、

下流は、、、
IMGP7051.jpg
数は望めませんが、『すずし~~~い!』
この下はガンガン瀬です。
あとからHさんが入られました。
私はほとんど、、、でれーっと 泳がせです。


たまに、、、
IMGP7055.jpg
こんなのも掛かります。
中世ヨーロッパの貴婦人?
頭に網のベールが、、、!

終了!
IMGP7060.jpg
18匹でした。
涼しさが気持ちよかったです。





     
     

別窓 | | コメント:22 | トラックバック:0
∧top | under∨

他を当たってくれ!

IMGP7019.jpg
いきなり画像です。
7/9でした。
16匹でした。
12時50分~17時まで。

ゆっくりと行ったのではない。むしろ時間が時間なので焦り気味に車を走らせた。
そしてこの日の画像はこれだけ!
カメラを忘れた!
だから、、、川の写真はない!
携帯を持っていたが、写さなかった。
携帯の画像をどうやってパソコンに、、、?

午後から少し降るとは予報されていたが、温度が高くなってきて、家で雑用をこなしている場合ではない!と思って、、、

何でこんな小さな川にいっぱい釣り人が来るんだろう?
『他を当たってくれ!』と言いたくなる。

7/10

朝の雑用をこなして、川へ、、、
なんと8時出発!
町を出るまでは通勤ラッシュ!
川に着くとポイントはやはり釣り人が、、、
前回の堰堤の上流へ、、、
IMGP7022.jpg
1台車が止まっていたが、川を見ると誰もいない。
暑くなってきた。
川までの高低さがあるので、大変!
堰堤の少し下から始めた。
IMGP7023.jpg
今年初めて、、、
去年より砂が多くなっている。
1時間ほどいろいろやってみたが、反応なし!
昨日釣り切られているのか?

下流よりも石がとがっている。
何度根掛かりをはずしに行ったことか!
『またかよぉ!』って感じです。

ここぞと思うところで、10分くらい泳がせていたが、反応なし!
オトリを引き寄せると、掛け針が背中の後ろのほうに刺さっていた。
2日も連荘で遊ぶな!ということか。
オトリを換えて、針も換えて、再度同じところへ、、、
一発で来た!
『いるじゃん!』

しかしあたりは遠い!
IMGP7026.jpg
流芯の泡が消えるとこ、水深1.5mをまったりと泳がす。
これ以上は淵で下がれません。
最後の砦?
IMGP7025.jpg
粘り勝ち?
このサイズをあと2匹追加!
もう一度上流からトレースしようと思って、上流を見ると竿が見えた。
ここはこれまで!
上りがきつい!
冷たいコーラがホットになっていた。

2時過ぎに場所を変えて始める。
IMGP7028.jpg
頭上に対岸から木の枝がせり出している。
ちょっと油断したら、枝に絡まった。
先ずオトリを引き舟に回収しなければいけないのに、何を思ったか、そのまま糸を引っ張る!
オトリはゆっくり上へ、、、
「き~み~が~あ よ~わ、、、」って感じ?
仕方無しに天上糸を切った。
8の字結びでつないで、長さを調整して、またその木の下を、、、
やはり竿抜け!3匹追加!

画像左前方の三角の石の下に少し弱ったオトリを持っていった時に、ヤナギの木の下から『ゴボ』っと何かが?
ひょっとして、と思ってもう一度そこにオトリを、、、
出た~!
掛かった~!
背中の斑点がくっきりと見えた。
『イワナだ!』
だが天上糸の結び目でプッチンプリン!
あわてて目印を探したが、見えない。
親子ドンブリ?従兄弟ドンブリ?他人ドンブリ?

「がっくり!」
『頭を垂れて山月を望み、、、』
垂れたら月は見えないよなあ!
『頭を上げて、、、』だっけ?

結論!
かなりの確立で大きなイワナは鮎を狙ってきて、針に掛かる!

水が冷たくなってきた。
5時過ぎに終了!
IMGP7029.jpg
19匹!
なにやってんだ!

これだけ釣り人が多くては、お盆まで持たないかも、、、


別窓 | | コメント:16 | トラックバック:0
∧top | under∨

落っこちそう!

     アナログのときはTVが映ったが、デジタルになって(CATV)1階が映らなくなった。
     配線がどうなっているのかわからない、
     分波器は正常だと思われるが、増幅器が弱いのだろうと見当をつけて
     2回の屋根裏に上ってみた。
     『暑い』!
IMGP6988.jpg
天井裏はネズミの運動会場になっていた。
掃除機なんかじゃ無理です。
配線を頼りに奥へ、、、
IMGP6992.jpg
これは電気の配線だな!

さらに奥へ、、、
IMGP6995.jpg
これはアンテナ線だけど、分波器だな!
増幅器なんて何処にもない!
困った。
暑い!

これは、、、
IMGP7004.jpg
近くまで行けません。
天井をぶち抜きそうなんです。

これは、、、
IMGP7002.jpg
お守り?

あきらめました。
汗ビッショリで退散しました。
下界はすずし~~い!

仕方がない。業者に頼むか!


翌日 川へ、、、
前方は暗雲立ち込めてます。
寒そう!!!

定番?
IMGP7006.jpg
今日は涼しすぎるほどです。
ホットにしました。

世の中は暇人ばかり?
いやいや、早起きの人ばかり?

ここしか空いていません。
10時の時報とともに、竿を伸ばす。
IMGP7011.jpg
砂場に陣取り、オトリに『行って来なさい!』
ゆっくりと上に上っていきます。
IMGP7007.jpg
5分ほどで目印が下流へ流れました。
瀬じゃないから、ガガーンとはいきません。

この堰堤の下で10匹ほど掛けて、下へ、、、
IMGP7015.jpg
このゆるい流れを上らせます。
少し流れの強いところはなかなか上りません。
流れの際で来ました。
IMGP7008.jpg
少し大きくなった?
ここではアベレージサイズです。

また少し下がる!
IMGP7014.jpg
目印がゆっくりと流れに乗って下流へ、、、
IMGP7016.jpg
デカイワナではありません。
チビアマゴです。
フライだ!

午前中から寒くて、冷たくて震えながら、、、
我慢の限界!
3時に終了!
IMGP7018.jpg
レンズに水滴が!
23匹!(アマゴ抜き!)
次の囮を2匹生簀に入れて、残りは母の実家において来ました。
喜ばれました。
それでいい!

水温が20度になるのはいつのことやら、、、
次回はウエーダーにしようと思う!


別窓 | | コメント:20 | トラックバック:0
∧top | under∨

時給2万円!

     7月1日の午前8時40分に銀行に行きました。
     元来 行列のできるお店は行きませんが、今回は特別でした。
     土砂降りの中、軒先に並んだ!
     すでに70人ほどが列を作っていた。
     行員に聞くと『大丈夫ですよ!』って!

     1時間のうちに2回並んで、手に入れました。
IMGP6972.jpg
プレミアム商品券です。
1万円で2千円のプレミアムが付きます。
10万円分!
1時間グダグダ並んで2万円のプレミアムを、、、確保!
12月までに使い切ればいい!
問題が1つ!
タバコはダメ!なんだって!

儲かったから外食!
久しぶりです。
IMGP6973.jpg
釜揚げうどんプラス野菜の掻き揚げ!
てんぷらは大きすぎて、母と半分づつ!
一人分205円!2人で410円の大盤振る舞い!
毎月1日は釜揚げうどん半額なんです。

7月2日

天気が少し回復!
洗濯物を干して出かけたのが10時!
ライブカメラで見ていたら、昨日の泥濁りが笹濁りに変わっているように見えた!
IMGP6977.jpg
一応笹濁りの類ではあるが、水が多すぎます。
上も下も釣り人はいません。
貸切です!
監視員さんが来て、『アンタだけやぞ!釣ってるのは!』って。

***人の行く裏に道あり花の山***

流れのゆるいところ(どう見ても2日前は岡だったかも?)に囮を入れて一服!
囮はゆっくりとゆるい流れを上っていきます。
濁りの中でキラっと!
掛かりました。
小さいですが、、、

下流へ移動。
IMGP6983.jpg

オトリが白泡の中に入ってしばらくして、ギュ~~ンと、流れの芯に向かって、、、
あわてましたねえ。
ゆるいところに寄せて、、、重い!
90%『ウグイ』だと思った。
あとの10%は尺鮎!そんなバカな、、、
引き抜きました。
IMGP6978.jpg
HRの本流で大イワナは珍しいです。
尺には届かず!

チビ囮は『頼むからチェンジ!』って!
囮を換えました。
芯の中の石はアカが飛んで真っ白です。
IMGP6980.jpg

脇の大石の後ろで待つ!
ポツポツと掛かってきますが、インタバルも長いです。

4時に寒さと冷たさで終了!
IMGP6985.jpg
イワナ込みで12匹!鮎だけなら11匹!
ちなみにイワナはその晩のおかずに!
煮付けました。
美味!!!

カメラ画像では水の引きが遅いです。
明日は土曜日だし~~?

別窓 | | コメント:19 | トラックバック:0
∧top | under∨

解禁3日目!

     前日の雨で解禁日は増水と濁りで<指をくわえて川を見ていた。
     解禁2日目はすごい人で、入るところもなく おにぎりをくわえて川を見ていた。
     解禁3日目は車検で竿を出せたのが1時過ぎ!
     どうなってまんねん?

     散々荒らされたであろうポイントしか空いていなくて、それでも竿を出したくて、、、、
IMGP6962.jpg
囮を1匹購入!
ここなら、1匹で十分です。
過去に1度だけその1匹を1日半泳がせたことはあるけど、、、

ひゃっこい!
メチャクチャひゃっこい!
聞くところによりますと、水温16度!
足首から冷たい水がジュワーっと!

大石の前で囮を泳がせて、、、一服!
いいなあ!ホームは!
このすぐ上は堰堤!
IMGP6960.jpg
水量が多いときは魚道を鮎が登ります。
芯の真下は深くてよいポイントだが、最高の根掛かりポイントです。
午前中の釣り人がやりにくかったであろう所をじっくりと、、、
最初は12cmのチビが2匹!
そして、この川の本命サイズが来ました。
IMGP6963.jpg
スイカ?メロン?キュウリ?
囮を付け替えている間にも鼻先を鮎の香りが漂ってます。

根掛かり!
冷たい水に腰まで浸かって取りに行きます。
養殖だったら、糸を引っ張るだけなんですが、ここは大事に!大事に!

ゆっくり下がっていきます。
IMGP6961.jpg
橋の手前まで来たところで5時を少し回っていた。
水はさらに冷たく、寒いです。
掛かり方が悪いです。

腹、エラ、口!背掛かりは1/3!

本日はここまで!
IMGP6965.jpg
明日の囮を4匹 生簀に入れて、16匹!
久しぶりの外泊!
一人は静かでいい!

翌日!
少しは水温が上がったかな?と思う9時半に川に入った。
釣り人は昨日の半分?くらい!
でも多いです。
釣り場を選べません。
すいているところに入らせてもらった。
というより、今まで釣っていた人が見切って下に下った。
IMGP6967.jpg
さすがに30分ほどは反応なし。
それでも動かず、じっくりと、、、
2番鮎?小さいけれどポツポツと掛かってきます。
上流の人もいなくなって、
IMGP6968.jpg
下流の人も見えなくなって、、、
IMGP6969.jpg
もっとも上と下は砂場に石がポツンポツンとあるだけなんですが、、、

瀬の芯で掛かると気持ちいい!
まあ、そんなのは4~5匹だけだったけど!
あとは泳がせていると、急に動きが早くなったり、30cmくらい目印がすばやく移動したり、、、
掛かった感じじゃない!
だから2分くらいそのまま泳がせている!
どうもおかしい?
どうも変だ!
竿を上げると13cmくらいの鮎が一緒に泳いでいます。
掛かっていたんですねえ!
IMGP6970.jpg
車検の代車を返さなければいけないので2時に終了。
元気の良さそうな鮎を2匹生簀に入れて、帰って来ました。
19匹!
最低は10cmが1匹!多分群れ鮎?

今日は朝から強い雨!
ライブカメラでは先日よりもすごいんです。
濁流!

ところで解禁2日目は小屋の掃除をしてました。
棚においてあったフレッシュが、、、
IMGP6957.jpg
ネズミかな?

これじゃないよな?
IMGP6959.jpg
偽タランチュラ?
寝ている時に徘徊するかも、、、
小屋の外に放流!

夜は寒いです。

/span>
別窓 | | コメント:23 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アラカンのライフワーク |